私欲に偏った取引方法

昨今FX取引手法に迷ったら…スイングトレード!が人気でよく耳にしますが、わたしたちが投資取引などを行う際には、多くの場合は市場での取引を行うものがほとんどとなっており、ハイローオーストラリアは儲かるといわれ人気の、株式を使った投資や通貨を利用した投資においても、市場がなくては投資取引そのもの長り立たなくなることになります。

もちろん、本来はこうした投資取引のために市場が用意されているわけではなく、市場では対面取引ではなかなか行えない、大量の取引の実現を目指して成り立っており、これにより社会的な経済が裏支えされているのです。

そもそも取引とは、モノを買う側と売る側とが相互に条件を出し、その条件が折り合った時点で取引が成立することになります。
こうした取引の最もシンプルな形は、それぞれが一対一で取引を行う対面取引になります。
しかし、こうした対面取引は、条件の設定が相互の交渉になるために、その公平性が保たれにくく、また取引に時間もかかるために活性化が進みません。



これに対して市場取引においては、不特定多数の売り手と買い手が一定のルールに従い、それぞれに条件を出して、その条件が折り合うものが取引の成立を得ていくことになります。
この事により、交渉にも時間がかからず大量の取引が成立することになり、市場が生まれてさらに活性化していくことになります。
市場が活性化すれば、多くの取引が行われることになるために、需要と供給の原理によってその価格が適正な方向に修正されて公平性が保たれることになるのです。

市場での取引には、こうした様々な利点があるために、市場の透明性や健全性を保ちより多くの市場参加者を招くために、値段や条件の設定などや取引の手順、守るべきモラルやルールがあるのです。

参考>>http://www.fxgaido.jp/fx/gaitameonline
不正取引とは、こうした守られるべき市場のルールを無視し、一方的な利益の追求や、私欲に偏った取引方法などを用いることによって、市場に相反する行動によって私益を求めるものになります。

こうした不正取引が横行してしまうと、市場の参加者は市場での取引に対する不信感を持つようになり、市場に参加しなくなっていきます。
市場の参加者が少なくなってしまえば、少しの売買取引の成立によって相場が大きく乱高下するような不安定な市場相場になりますので、市場参加者はさらに取引を行くなることになり、やがては市場取引そのものが崩壊して行くのです。

私益を求めるための不正取引によって、市場参加者の中に不信感が高まれば、こうした自分たちの首を絞めるような事態が引き起こされるために、多くの投資家などは自らのモラルなどをもって市場での取引を行い、また監視などを行っていくことになるのですが、こうしたものを市場規律と呼んでおり、特定の権限を持った監査委員などとは別に、市場への強い抑止力となっているのです。