架空発注による不正行為

不正取引は、わたしたちが経済社会を営むために必要とされる市場の活動を著しく侵害る行為であり、こうした不正行為が頻発することにより、適正な経済の活動が阻害されさまざまな資金などの流れが滞ることになります。

こうしたものに一つに架空発注というものがあり、本来はされていない設備の購入や発注などを、あたかもそれがあったように装い、その利益を得るというものになります。
国や地方公共団体や、企業などにおいては、こうした架空発注による不正行為が、団体や個人などによって多く引き起こされています。

こうした架空発注の一つに循環取引というものがあり、これは複数の企業や個人などが互いにその意図を供給し、商品などを転売したり、サービスの業務委託のそう誤発注などを繰り返すことによって、実際に売買されていない商品の売り上げを計上したり、実体がなく行われていないサービスの売り上げを計上する取引になります。

架空発注で行われる循環取引においては、実際の商品やサービスなどが、その取引の間において行われず、書類上や契約上の取引だけにより利益だけが上がることになります。
こうした事は、その成長性が重視される新興企業などでその売上高を、同じような境遇にある企業などが互いの実績などを伸ばすために利用され、こうした取引を繰り返すなどの行為が行わることなどもあります。

株式での投資取引にも、同じような不正の方法があり、こうしたものは株式市場の透明性と公平性を著しく低下させ、多くの市場参加者にたいしての不利益をもたらすことから、不正取引として厳しい規制がもたされています。

これは、なれ合い取引や仮装取引と呼ばれるものになり、このような不正取引を行うと、その対象となった企業の株銘柄の株価が操作され、その価格が大きく変動することになります。

なれ合い取引は、投資家同士が互いにう幸せを行い、同じ銘柄の株を売り買いすることによって、株銘柄の価格を操作するものになります。
一つの銘柄について、結託をした投資家が売り注文と買い注文を何度も繰り返し行うことにより、その株銘柄の取引の出来高が増えることになり、こうした事によって他の市場参加者が株銘柄に対しての誤解をするようになり、その企業に対しての評価の動向とは関係なく売買注文が集まるようになるため、これによって、不正に株価が操作されることになるのです。

これを一人で行うことを仮装取引と言い、同じ投資家が同じ時間帯において、同じ価格で株の売買取引を繰り返すことによって同じような株価の操作が行われてしまうために、不成功落ちしてこうした実体のない架空発注での取引は禁止されているのです。