取り締まりなどの対応

適正な市場取引が行われるためには、すべての市場参加者が定められたルールのもとに、投資取引を行っていく必要があり、これが活性化され、より多くの取引が行われれば行われるほど、その市場の公平性はより保たれることになります。

企業が発行する株式の売買取引を行う際には、証券取引所で行われている株式市場を利用することになるのですが、この株式取引も市場取引であるために、その取引が敵で胃に行われるために、株式市場に参加する投資家などは、取引ルールやモラルを守ることになりますが、時に利益を追求するあまりに、不正取引が行われることになります。

不正取引によって、一部の投資家のみが大きな利益を得ていく事態になれば、株式市場に対して不安感が広がり、市場での取引が行われなくなり規模が縮小、これによりさらに相場レートがより不安定になるために、さらに市場参加者は少なくなっていき、最終的には株式市場が破たんすることになるのです。

こうした事から、不正取引に対しては様々な規制が布かれることになっており、さらにその取り締まりなどの対応も行われています。

証券取引所で行われる株式市場の取引に対しての取り締まりては、証券取引等監視委員という金融庁の期間がこの対応に当たっています。
証券取引等監視委員会は、市場の公正性と透明性を確保するために、市場のルールの監視と、金融商品取引業者の検査を受け持っており、株式市場における取引の検査や調査活動を行っています。

このような検査や調査活動の上、株式相場などを意図的に変動させたり固定させたりする株価操作の行為や、株銘柄を発行する企業からの内部情報などを公開前に入手し、それによって不当な利益を上げるインサイダー取引や、意図的に相場を混乱させるような情報を流して市場参加者の判断を誤らせる風説の流布などの取り締まりを行うのです。

これにより、市場取引の公正性を著しく損なわせるような違反があった場合には、その行為を行った当該者や企業に対して、行政処分などを勧告していくほか、悪質な場合には告発を行い刑事訴追を行い、こうした不正取引に対して厳しい対応を取っています。

また、こうした不正取引への対応としては、証券取引所や証券取引業協会なども自主規制機関として活動を行っており、またそれぞれの証券会社なども、投資家の取引の動向を見守ることにより、不正取引と思われる行為を行う投資家に対しては、通告を行うととjもに、取引の制限や口座の凍結などの対応を行って対処しているのです。